ホーム > 生活・くらし > 水道・下水道 > 合併処理浄化槽について

合併処理浄化槽について

合併処理浄化槽とは

浄化槽とはいろいろな微生物の働きを利用して汚水をきれいにする装置で、下水道が普及してないところでも水洗トイレにすることができます。
浄化槽には、『合併処理浄化槽』と『単独処理浄化槽』の2種類があります。
『合併処理浄化槽』は、し尿と生活雑排水を併せて処理する浄化槽で、『単独処理浄化槽』は、し尿(トイレの汚水)のみを処理する浄化槽です。
平成13年4月1日より、浄化槽法の改正により既存の単独浄化槽は合併浄化槽への設置替えに努めなければならなくなりました。
私たちのまわりの水路や河川が昔に比べてずいぶん汚れてきたと多くの人が感じています。
ですが、水路や河川が汚れているのは、私たちの家庭から出される生活雑排水(台所、風呂、洗濯などの排水)が大きな原因の一つと言われています。
その生活雑排水による汚濁を防ぐ方法として注目されている合併処理浄化槽は、そのまま川などに排出される生活雑排水の汚れの量を10分の1に減少させることができる画期的なものです。

個別排水処理施設整備事業について

砂川市では、環境にやさしい合併処理浄化槽の設置整備事業を実施しています。
この事業は、個人からの設置申し込みにより、市が合併処理浄化槽本体の設置工事をするもので、設置対象区域は次を除いた区域となります。

費用はどのくらいかかるのか

設置するときにかかる費用について

設置後にかかる費用について

受益者分担金
浄化槽の規模
人槽算定基準 分担金(個人負担)
5人槽 住宅の延べ面積が130平方メートル未満 123,200円
7人槽 住宅の延べ面積が130平方メートル以上 151,800円
10人槽 居住人数による 190,300円

設置後の維持管理について

浄化槽本体に関しては市で維持管理を行います。浄化槽前後の排水管等の排水設備に関しては個人で維持管理を行います。

維持管理区分イメージ図

使用料について

浄化槽の使用料金については下水道使用料と同じで毎月の水道使用水量により算出します。

詳しくは下水道料金についてをご覧ください。

排水設備工事および貸付金制度について

水洗トイレへの改造および浄化槽まわりの排水管設置などの排水設備工事費は、便器1基の場合、平均的な事例で500,000円(平成23年度見積り)です。市では水洗トイレに改造するための資金を便所1カ所につき50万円を限度として無利子で50回払いの貸付を行っています。

工事の申し込み

工事の相談申し込みは市土木課下水道係、または砂川市下水道排水設備工事公認業者へお問い合わせください。

お問い合わせ先

砂川市 建設部 土木課 下水道係
〒073-0195 北海道砂川市西6条北3丁目1-1
TEL 0125-54-2121(内線266) FAX 0125-52-2205
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから